menu

技術

NapaJen DDSTM

1.全身性アクティブターゲティング

核酸医薬品をシゾフィラン(βグルカンの一種)と水素結合で高分子複合体を形成させて生体内に投与すると、核酸を分解酵素から保護し、未成熟な樹状細胞やマクロファージに発現するβグルカン受容体 Dectin-1 を介して核酸医薬品を細胞内に送り込みます。

2.高精度なデリバリー

樹状細胞やマクロファージが関与する部位で作用させることで、非常に少ない投与量で有効な薬理効果をもたらします。また Dectin-1 受容体が発現しない細胞には導入されませんので、副作用を低く抑えることが可能です。

 

DendulationTM

3.新しい免疫調節作用による治療

未成熟な樹状細胞やマクロファージに医薬品を作用させることで、T細胞を免疫抑制にも免疫賦活にも誘導できます。免疫抑制に誘導するときは、移植時の拒絶反応の制御、炎症の制御、組織線維化の抑制などの治療に用いることが可能です。また免疫活性に誘導するときは、癌の免疫逃避の克服や、CTL活性の向上に用いることが可能です。