NapaJen™ Technology

alignright

デリバリー・ビークル

NapaJen では、天然で三重らせん構造を有する多糖シゾフィランの1本を核酸と置き換えて形成された核酸/多糖複合体をデリバリー・ビークルとして用いて、機能性核酸のDDS技術として開発しています。

生体に安全な構造

核酸と多糖は、疎水性相互作用と水素結合で複合体を形成していることから、生体に対して毒性がなく、また包摂した機能性を分解酵素から保護することを特長としています。

全身性アクティブ・ターゲティングDDS

シゾフィランは、β-1,3-グルカンの特異的受容体である Dectin-1 を介して、担持した機能性核酸を細胞内に導入します。Dectin-1 は、免疫や炎症に関与する樹状細胞やマクロファージに多く発現しており、これらの細胞に特異的に機能性核酸を送達し導入します。

in vivo試験において、低用量で効果

これらのことから、NapaJen™ Technology を用いることで、極めて少ない用量を全身性投与することで機能性核酸の目的を達成し、治療効果を誘導することが可能になります。

 

Dendulation™ Technology

alignright

NapaJen では、DDS技術を用いて、生体の免疫を司る樹状細胞(Dendritic Cells, DC)に働きかけ、生体内で、免疫活性の賦活にも抑制にも自在に調節できることを見出しました。抑制的な機能性核酸を用いて、免疫や炎症を抑制的に調節し記憶させるほか、活性化核酸と抗原を用いてワクチン効果を高めることなどが分かってきました。この方法を、Dendulation™ Technology と名付け、さまざまな治療用途開発を行っています。