menu

会社概要

医薬品を目的とする生体内部位に正確に送り届ける技術を、薬物送達技術(Drug Delivery System, DDS技術) といいます。

NapaJen Pharama では、免疫活性の司令塔といわれている樹状細胞やマクロファージに医薬品を送達するDDS技術の開発を通じて、難治性の疾患と戦う患者さまに、これまでにない安全な免疫治療法をご提供することを目的とし、日々研究開発に取り組んでいます。

NapaJen Pharma は、日本で生まれたDDS技術を世界に発信することを目指し、2004年に米国カリフォルニア州に設立されました。また研究開発拠点を日本に置き 2005年に子会社 Napa Jenomics 株式会社を東京に設立しました。現在は、DDS技術や免疫治療法の実用化を目指して医薬品開発を行っている他、多くの大学や研究機関と連携して新規治療の用途開発を推進しています。